屋根・外壁のリフォームの必要性について

家の中はこまめに手入れをしていても、外壁や屋根の点検、修理を怠りがちになります。
傷みやヒビを放置すると、雨漏りなどで構造部分まで傷み、家全体に影響が及ぶ場合もあります。
大規模な改修に至らないために、適時の修繕が必要になります。
・知らないうちに進む一戸建ての老朽化ーマンションと違い一戸建ては、持ち主が定期的なメンテナンスをしなければならない。
家の価値を高く、長く保つには不具合が起こる前に補修することが大切です。
屋根や外壁は普段意識することがない部分だが、傷や雨漏りを放置すると、柱など構造体に雨水や湿気が侵入し、躯体まで傷めてしまう
ことがあります。
最悪の状態では建て替えか、それ以上に費用のかかる修復工事が必要になってしまいます。そうなる前に、早めの対策を行うことがベター
でしょう。
・外壁を点検し劣化の兆候を発見ー外壁の場合、サイディングや軽量気泡コンクリート、モルタルなどの種類があり、素材によって塗り替
え時期は異なる。ただ、目で見てひび割れ、色あせ、変色などの気になる症状が見つかったら、補修を検討すべきでしょう。
外壁は劣化した塗料を塗り直す「塗装」と、現状の外壁の上に外装材を張る「張り増し」、古い外装材を外して新規に張り替える「張り替え」
がある。
塗料の種類によっても、耐久性や価格は異なってきます。