外壁塗装やリフォームによって家の寿命を延ばせる

家というものは経年劣化もありますし、放置していると使い物にならない時期が来てしまいますから、どこかで外壁塗装を行なったり、室内リフォーム、場合によっては土台から再構築するリノベーション等を行う事も必要になります。

土台から再構築はコストが高くなりますから、必要に応じて家の保護する機能を高めて長持ちさせる事は有効ですし、外壁塗装の場合は家の壁を塗り替えて美しく見せるという働きと同時に、家の保護膜を張るという効果もあるものです。

外壁は10年以上経てば剥がれてくる傾向にありますし、塗装が剥がれると家が古く汚く見えるというだけではなく、雨風や紫外線からのダメージを防ぎにくくなり、内部浸食を起こせば内部の土台にまで影響が出る事になります。

人間に例えたら肌のバリア機能のようなものであり、紫外線や菌から守る機能が低下すれば肌荒れリスクが高まってしまいますが、バリア機能が働いていると美肌状態を保てます。

家の外壁も同様でバリア機能を高める事で家を長持ちさせる事が出来ますし、10年周期で塗り替えたり、最近では塗装技術が上がっていますから15年周期で塗り替えても問題無いものもありますが、必要に応じて塗装を行う事は必要です。

家の内部に関しては床の老朽化や壁紙や天井等が古くなってくると、カビの繁殖や床が抜けるリスクもありますし、必要に応じてリフォームで補修する事も有効です。

屋根・外壁のリフォームの必要性について

家の中はこまめに手入れをしていても、外壁や屋根の点検、修理を怠りがちになります。
傷みやヒビを放置すると、雨漏りなどで構造部分まで傷み、家全体に影響が及ぶ場合もあります。
大規模な改修に至らないために、適時の修繕が必要になります。
・知らないうちに進む一戸建ての老朽化ーマンションと違い一戸建ては、持ち主が定期的なメンテナンスをしなければならない。
家の価値を高く、長く保つには不具合が起こる前に補修することが大切です。
屋根や外壁は普段意識することがない部分だが、傷や雨漏りを放置すると、柱など構造体に雨水や湿気が侵入し、躯体まで傷めてしまう
ことがあります。
最悪の状態では建て替えか、それ以上に費用のかかる修復工事が必要になってしまいます。そうなる前に、早めの対策を行うことがベター
でしょう。
・外壁を点検し劣化の兆候を発見ー外壁の場合、サイディングや軽量気泡コンクリート、モルタルなどの種類があり、素材によって塗り替
え時期は異なる。ただ、目で見てひび割れ、色あせ、変色などの気になる症状が見つかったら、補修を検討すべきでしょう。
外壁は劣化した塗料を塗り直す「塗装」と、現状の外壁の上に外装材を張る「張り増し」、古い外装材を外して新規に張り替える「張り替え」
がある。
塗料の種類によっても、耐久性や価格は異なってきます。

初めての外壁塗装!悩んでいます

そろそろ外壁塗装をしようと夫から言われて、確かに古くなってきたし、色々とリフォームする時期になったのかなと思いました。家はできるだけ綺麗に住もうと思っていますが、どうしても古くなっていくものですね。昔は家を買ったら死ぬまでそこに住むことができると思っていたのですが、実際は必ずリフォームが必要になると思いました。

外壁塗装をしてもらう時、色々な業者に見積もりをもらいました。安ければよいと言うわけではないのですが、外壁以外にも他にも綺麗にしてもらいたいので、それなりの値段できちんと仕事をしてもらえる業者が良いと思います。業者は家族で相談して決まったのですが、高耐候性が良いと夫が言うので考え中です。ハイグレードプランになり、スタンダードプランよりもちょっと高くなってしまいます。でも夫の気持ちもわかるので、きっとこっちにすると思います。

ご近所の方が去年外壁塗装をしたようなのですが、やっぱりちょっとお金を高くだしても、安心できるようにしてもらったほうが良いとアドバイスをしてくれたので、こちらにしようかなと思いました。初めての外壁塗装でよくわからなかったので、業者の方に色々と質問してしまったのですが、気持ちよく教えてくれたのでここは信頼できるなと思いました。

以前友達がリフォームする時に、何か質問してもはぐらかされたと言っていたので、そういう業者は安心できませんよね。高いお金を払うのでこちらが納得するまできちんと説明してほしいです。